スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画『オズの魔法使い』企画まとめ

今日のグーグルのトップ画像は『オズの魔法使い』でした。出版されてから71周年らしいです。お花畑に"google"と、うっすら描いてあります(笑)
オズの魔法使い 71周年

オズはこれまでに何度も映像化されてきましたが、今また映画化ブームになってて驚きました。世界中から愛されている物語ですし、ライマン・フランク・ボームの原作は既に著作権が切れているので、やりやすい題材なんでしょうね。知っている範囲でまとめてみました。


オズ映画企画その① 『オズ――ザ・グレート・アンド・パワフル』
OZ
タイトル:"Oz, The Great and Powerful"
プロデューサー:ジョー・ロス (Joe Roth) (『アリス・イン・ワンダーランド』、『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』)
監督:サム・ライミ (確定ではない)
脚本:ミッチェル・カプナー(Mitchell Kapner) (『ロミオ・マスト・ダイ』)
製作:ディズニー
公開予定:2013年
3D

物語は『オズの魔法使い』の前日譚。オズが魔法使いになる前、ネブラスカ州オマハでサーカス団員だった頃の話。ロバート・ダウニーJrがオズ役ではないかと言われている。

私的期待度:★★★ 
理由:+ホラーやアメコミが得意なサム・ライミのファンタジーが見たい/-男臭いオズになりそう。



オズ映画企画その② 『ウィケッド』
Wicked
タイトル:"Wicked" 『ウィケッド
プロデューサー:マーク・プラット (Marc Platt)(ミュージカル『ウィケッド』、『ウォンテッド』)
脚本:Winnie Holzman  (オリジナルスタッフ)
音楽:スティーブン・シュウォルツ(Stephen Schwartz)(オリジナルスタッフ)
製作:ユニバーサル

オリジナルキャストの2人、クリスティン・チェノウェス(Kristin Chenoweth) (グリンダ役) と イディナ・メンゼル(Idina Menzel) (エルファバ役)も出演するのでは、と言われています。

監督候補はこちらの4人。
J・J・エイブラムス(JJ Abrams) 『ミッションインポッシブル2』『クローバーフィールド』などを手がけたヒットメーカー。ただしミュージカルの経験はありません。
ジェームズ・マンゴールド(James Mangold) ミュージカル未経験者ですが『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』で歌手のジョニー・キャッシュを題材にしました。
■ライアン・マーフィー(Ryan Murphy) 今大ヒット中のミュージカルドラマ『グリー(Glee)』の脚本家です! 『食べて、祈って、恋をして(Eat Pray Love)』の脚本も担当。
ロブ・マーシャル(Rob Marshall)  ブロードウェイ界出身。『シカゴ』でアカデミー賞も受賞! ただし『NINE』は興行的にコケてしまいました。
さて、どうなるでしょう?

ユニバーサルは、『マンマ・ミーア』の続編、舞台版『リトル・ダンサー(Billy Elliot)』の再映画化、『イン・ザ・ハイツ』の映画化、などの企画が控えているため、『ウィケッド』はすぐには製作開始にはならない空気です。

監督評についてなど、ソースはこちら

私的期待度:★★★★
理由:ミュージカルの得意な監督なら『オペラ座の怪人』以来のヒットになるかも。



オズ映画企画その③ 『サレンダー・ドロシー』
Surrender Dorothy
タイトル:"Surrender Dorothy"
監督:ドリュー・バリモア (確定ではない)
脚本:ザック・ヘルム (Zach Helm) (『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』)
製作:ワーナー・ブラザーズとフラワー・フィルムズ(バリモアの映画製作会社)

一度白紙となった2002年の企画。ドロシーの玄孫(孫の孫)がルビーの靴を使って、西の魔女からオズの国と地球を救う、というあらすじ。2002年の段階ではバリモアが主演する予定だったが、今回出演するかは不明。

私的期待度:★★
理由:+バリモアの監督デビュー作『ローラーガールズ・ダイアリー』の評判がいいので期待できるかも/-ファンタジーも出来るかは未知数。



オズ映画企画その④ 『オズ――ザ・リターン・トゥ・エメラルドシティ』
キーラ・ナイトレイが出演するわけではありません
タイトル:"Oz: The Return to Emerald City"
プロデューサー:ベイジル・イワンイク(Basil Iwanyk) (『タイタンの戦い(2010)』) とトッド・マクファーレン(Todd McFarlane) (『スポーン』原作者)
脚本:ジョシュ・オルソンJosh Olson) (『ヒストリー・オブ・バイオレンス』)
製作:ワーナー・ブラザーズ
公開予定:2012年

現代に生きるドロシーの孫がオズに行って悪い魔女と戦う。今度のドロシーは『エイリアン』のリプリーのようだとか。ダークなアクション路線を目指しているみたい。ダコタ・ファニングが主演との噂が。
 
私的期待度:★★
理由:+ダコタ・ファニングがドロシーなら絶対かわいい/-ドロシーのアクションは見たくない。



オズ映画企画その⑤ 『オズ』
オズの魔法使い
タイトル:OZ
プロデューサー:マーティ・ボーウェン(Marty Bowen) 、テンプル・ヒル(Temple Hill)、ウィック・ゴッドフレイ(Wyck Godfrey)(『トワイライト』シリーズ)
脚本:ダレン・レムケ(Darren Lemke) (『シュレック フォーエバー』)
製作:ニュー・ライン・シネマ(ワーナー傘下)
こっちはMGM製作ジュディ・ガーランド主演の『オズの魔法使(1939)』の正式なリメイクかな? 著作権はMGMにありますがワーナー・ブラザーズがMGMのライブラリーを一部所有しているそうです。

ソースはこちら。「リメイクしないで!」という書き込みがたくさんあります(笑)

私的期待度:★★★
理由:+原作に忠実なオズのシリーズなら見たい/-でも二番煎じだなぁ。


そんなにこぞってやらなくてもいいじゃない(笑)これらの中からどれが無事上映にたどり着けるでしょうか?


関連記事
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
最新記事
ブログ内検索フォーム
スポンサードリンク
カテゴリ
プロフィール

kawaji

Author:kawaji
基本的に映画、音楽、本は洋物が好きです。映画はSF、ホラーや奇妙なものが好き。ジェームズ・キャメロンとかジョン・カーペンターとか。でも雑食です。面白ければいいんです。

お気に入り映画
時代遅れなのか、はたまた地味なのか、影の薄い傑作に光を。
月別アーカイブ
リンク
検索用
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。