スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「白雪姫」を題材にした実写映画があと2つあった!

8月の記事「白雪姫も実写化映画化!」を書いた時点では、童話「白雪姫」を原案にした映画プロジェクトは『ラッシュアワー』シリーズを手がけたブレット・ラトナーがプロデュースする"The Brothers Grimm: Snow White"だけだと思ってたんだけど、ほかにもあったみたいね。

"Snow and the Seven" (スノー・アンド・ザ・セブン)
制作:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ジャンル:アクション、アドベンチャー、ドラマ、ファンタジー
公開:2010年になってるけど……

7人の小人が少林寺修行僧の設定(シネマトゥデイより引用)らしい。

"Snow White and the Huntsman" (スノーホワイト・アンド・ザ・ハンツマン)
スノーホワイト・アンド・ザ・ハンツマン
監督:ルパート・サンダース(Rupert Sanders)
脚本:エヴァン・ドアティ(Evan Daugherty)
制作:ユニバーサル
公開:2012年
ジャンル:アドベンチャー、ドラマ、ロマンス

世界中の誰もが知っている童話「白雪姫」を、アクション・アドベンチャー映画として大胆にアレンジするもの。白雪姫を追跡するように王妃から命令された猟師は、王妃が白雪姫を殺そうとしていることに気付き、2人で逃げようとするストーリー(シネマトゥデイより引用)らしい。
そして、その猟師(ハンツマン)が白雪姫に戦うすべとサバイバル術を伝授する(ソースはこちら)、みたい。なんだか、3つある「白雪姫」実写映画プロジェクトはどれもアクション風味でかぶってるなー。

主演の猟師役に、『インセプション』のトム・ハーディが噂されていましたが、ユニバーサルは新たにジョニー・デップにオファーを出したとか。

脚本のエヴァン・ドアティさんは、『エクスペンダブルズ』のドルフ・ラングレン主演1987年公開の『マスターズ/超空の覇者 (Masters of the Universe)』のリメイク"Grayskull(グレイスカル)"の脚本を担当します。

監督のルパート・サンダースさんは、イギリス人の新鋭映像作家でこれまでにナイキ、アディダス、ギネスビールなど、数々の有名企業のTVCMを手掛けてきました。カンヌ広告祭2008年フィルム部門で「HALO3 Museum」がグランプリを受賞するなど、受賞歴も多数。




長編映画デビュー作はレオナルド・ディカプリオが主演するという"The Low Dweller"(2011年公開)。デビュー作からレオ様って、扱いが違いますな。これから名前を聞くことが多くなるかもしれません。

【ルパート・サンダース公式サイト】

スポンサーサイト
スポンサードリンク
最新記事
ブログ内検索フォーム
スポンサードリンク
カテゴリ
プロフィール

kawaji

Author:kawaji
基本的に映画、音楽、本は洋物が好きです。映画はSF、ホラーや奇妙なものが好き。ジェームズ・キャメロンとかジョン・カーペンターとか。でも雑食です。面白ければいいんです。

お気に入り映画
時代遅れなのか、はたまた地味なのか、影の薄い傑作に光を。
月別アーカイブ
リンク
検索用
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。